早漏症の克服は夫婦円満への近道、呼吸法で予防も

早漏症を予防する事は、夫婦円満に結びつきます。
健康的な性交渉こそ夫婦円満の秘訣であり、早漏症を理由に夫側が妻の意思を無視し、自分勝手な行為を繰り返せば、男女間の信頼度と親密度は低下する一方です。

年齢を重ねても夫婦円満が続く男女、その背景には健全な性交渉があり、夫婦が一丸となって早漏症の克服をした実績があります。
早漏症を克服する方法は色々とあり、簡単な方法としては呼吸法の導入が存在します。
いわゆる口呼吸が多い男性は精神的に不安定になりやすく、鼻呼吸に変えれば、メンタル面のバランスが維持しやすくなります。

また、性交渉を始める少し前に、ラジオ体操のような深呼吸をするのも良い予防策です。
気休め程度ではないか、と懐疑的な見方をする男性ほど、一度試してみる価値があります。
深呼吸を深く、二度三度と繰り返す事で性交渉を前にした緊張は上手く解せます。
特に性交渉や女性の裸を見るのに慣れていない男性は、緊張から心臓の鼓動が早くなりがちです。

鼓動が早まれば、自然と呼吸が乱れ、射精を司る神経中枢にも悪い影響が及びます。
ちょっと時間を作り深呼吸をするだけで、気持ちは落ち着きますし、前もって妻に早漏症を克服したいとの旨を伝えておけば、愛撫や性交渉の最中に、ペニスを離してもらい、休憩が取れます。
一気に最初から最後まで絶え間なくセックスを続けようとするのは、早漏症の克服にとって逆効果です。

合間合間に休憩を取るのが意外にも高い効果を発揮し、射精に至りそうな強いオーガズムを感じるたびに、
愛撫や性交渉を一旦中止し、呼吸を整えてから再チャレンジ、というサイクルを作れば、自然と早すぎる精液放出タイミングは治っていきます。