ED傾向が原因の早漏症

早漏症とは、射精に至るまでの時間が短いことを一般的にさします。
狭義では、女性が満足する前に射精することです。
一般的な男性の射精までの平均時間は6分から7分程度といわれていますが、早漏症の男性は、平均2分弱で射精するといわれています。

性機能障害のうち、30%は早漏症であるといわれており、早漏症に悩んでいる人は、日本には100万人以上に上るとも言われています。

早漏の原因には、経験不足であったり泌尿器科の疾患であることもありますが、ED傾向が原因であるとも考えられます。
ED傾向のある人は、早くしないと萎える、すなわち射精できないと考え、切羽詰まった精神状態になることもあります。
ですから、もともと早漏ではなかったのに、ED傾向が原因で早漏症になることがあります。
ED傾向が原因で早漏症になる人は、ED傾向の患者さんの3分の1に上るとも言われています。

このような場合、EDを改善することで早漏症を改善することができます。
日本では、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどの勃起維持を容易にする薬が販売されています。
さらにED、すなわち勃起不全には生活習慣病が原因となっているケースも少なくありません。
すなわち、糖尿病や高血圧が関係しているということです。
ですので、医師の指導のもと生活習慣や食生活を改善することによってよくなっています。

一方で残念ながら日本では偽造ED薬による健康被害も確認されています。

EDの治療技術は日々進化しており、最近では低強度行撃破を照射して陰茎部の血管に刺激を与える施術型の治療法も開発されています。
主に、偽造ED薬の被害を防ぐためにも、専門家へ受診することも一つの改善の方法です。

▼バイアグラジェネリック
スハグラ